2015/06/28

長崎さるく旅 2015 壱


2015年6月20日(土)

友人からのLINEで起床したこの日、突発ですが、長崎に行ってきました。

完全ノープラン。

長崎は本当に大好きなところで、今までも何度も訪れていますが、

久しぶりにあの場所へ行ってみることにしました。


トップ画像でもうわかりますでしょうか。

長崎駅からバスで風頭山まで行きまして、下車後、風頭公園へ向かっているところです。

ご存じの方も多いと思いますが、長崎は坂の町。

下から上るのは本当に大変。

というわけで、山頂から下って行く道を選択。

というか、こっちがオススメです。

で、長崎駅からのバスですが、長崎県営バス長崎バスがあるので迷います。

結論から言うと、両バスとも風頭山には行きます。

◆長崎県営バス
のりば:長崎駅前東口 左回り 
行き先/経由:風頭町行き 歴史文化博物館
運賃:160円
所要時間:17分

◆長崎バス
のりば:長崎駅前東口
行き先/経由:風頭山行き 市役所前 愛宕町経由
運賃:160円
所要時間:23分

乗車するバス停は、両バスとも『長崎駅前東口』です。

全国共通系のiCは使えません。

長崎限定のスマートパスのみ使用可ですので、観光客は現金準備必須。


というわけで、下車しまして、


風頭公園に着きました。

もうここからの眺望は長崎市内一望。


2010年以来、3度目の訪問です。

私が初めて龍馬さんと出会った場所に再びやってきました。



つい先日、桂浜でお会いしたばかりなんですが、

こっちの龍馬さんのほうが親近感あるのはなぜだろう(笑)



龍馬さんと再会したら、龍馬通りを下っていきます。




すると、到着するのはここ↓亀山社中の跡。


すっかりおなじみの場所となりましたが、当然中へ入りました。






中へ入るのは2度目ですが、やっぱりイイですね。

そして、ここ↓もお馴染み、「龍馬のぶーつ」でなりきりまして、


今まで行けてなかった、「亀山社中資料展示場」


「亀山社中ば活かす会」の方々がボランティアで資料を展示されています。

お話を聞くことも出来ますし、龍馬通りでたくさん見かける、こんな↓のを作成されているのも、

「亀山社中ば活かす会」の方々。

※亀山社中ば活かす会
龍馬ゆかりの「亀山社中跡」の歴史的価値の再発見と地域の活性化をめざして、長崎市風頭公園に坂本龍馬之像が建立された平成元年5月に、地元・伊良林の人々を中心に結成した有志の集まり。
活動内容は、かつて龍馬が結成した日本最初に商社と言われる「亀山社中」跡(遺構)の活用を中心に出発して、周辺の歴史散策路の整備、幕末維新史の研究、各種行事の開催など多岐にわたることになった。



満足。

大変満足です。

この周辺は、お寺も多いので、興福寺見学なんかもいいかと思いますが、

今回はこのまま路面電車の駅へ向かいました。


二つの川が合流してるのが珍しいと思って撮りました↑


↑この先に眼鏡橋があります。


↑こうゆうの好きです(笑)

このあとは路面電車で長崎駅に戻りまして、駅近くの宿泊先ホテルへ向かい、

長崎の夜に繰り出しつつ、1日目終了。


<龍馬通り関連過去記事>


2015/06/23

2015初夏@熊本城


2015年5月31日(日)

熊本へ行ってきました。

熊本駅から市電に乗車しまして、市役所前で下車。

熊本城の入口はいくつかあるのですが、


↑日本一の長塀(国指定重要文化財)を眺めながら、


↑清正公にご挨拶したら、

櫨方門(はぜかたもん)から入城するコースがオススメです。


石垣好きにはたまらないこの↑強固な石垣の奥に見える大天守。

このショットはとっても好みです。




淳さん曰く、足軽目線ですか。

もうたまりませんよね、連続する枡形高石垣。


↑階段の右側に近代的な階段が新たに設置されていました。

どうしてこうなるかなぁ。。。

確かに観光客が多いですよ。

目的にもよるかと思うのですけどね、、当時を思いながら、当時の登りにくい階段だから良さがあるんだけどね。。。



恒例の二様の石垣は何度見ても圧倒されます。


今回も大好きすぎるこちらから、入りました。


宇土櫓。


↑最近は石落としがふさがれているところが多いのですが、宇土櫓の入口すぐの石落としは解放されていました。


話を聞いたら、ここから風が通り抜けて、今の季節は涼しいから解放してるんですって。



ここの床は本当にいいですね。


手を加えてない感じがとってもいい。



窓枠もボロボロ感も大好き。

そりゃそうですよね、築城400年経過してるんですもの。

残ってるだけでミラクル。


でもよーーーく見ると、補強もされてます↑。





最上階はもうホントに最高の場所。

櫓なのに高欄があるんですよ。

ここからの大小天守の眺望も最高。


名残惜しさ満載で、武者走りを通りながら、後にします。


大小天守は、宇土櫓を出て正面からのショットが好きです。


よーく見ると、石垣が追加されたのもわかります↑


今回は何年振りかで大小天守に入ってみることにしました。


小天守から行きますよ。

いきなり大天守に行くのはもったいない。


↑小天守から見た宇土櫓。


めっちゃかっこいい。


小天守から見た大天守↑↓。



↑これが本来の天守入口だったそうです。

今はふさがれていますが、ここも高石垣に囲まれてますよね。

ここ、復活しないかな~~~

なんて思いながら、今回の熊本城はここまで。


やっぱりいいお城ですね、熊本城。

また近いうちに行きたいと思います。

プロフィール

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *