2019/08/17

runtastic webサービス終了のショック

いつの間にか、runtasticのwebサービスが終了していました。

RUNTASTIC WEBサービス提供終了のお知らせ

これまで、runtasticのWebサービス、Runtastic.comをご愛用いただき誠にありがとうございました。この度弊社では、Runtastic.comでのサービス提供を、一部を除き終了することとなりました。今後は、ランニングとトレーニングの支援アプリを通したサービス提供の、より一層の拡大と充実へ向けて、社員一同のエネルギーと情熱、そして資源を集中的に傾け開発に励んで参ります。

提供終了のサービス内容

Runtastic.com限定で提供して参りました、複数フィルタオプションが有効な統計機能、カレンダー、体重と心拍の計測履歴、ルート作成機能などは、ご利用いただけなくなりました。
ルート機能のうち、既存ルートの検索はアプリ『Runtastic』でも可能ですが、ルート作成機能は現時点でアプリに追加されていません。
計測したアクティビティは、アプリでも随時確認可能です。複数のフィルタリング項目がありますが、スマートフォン画面では表示スペースに制限がございますため、一部統計項目およびグラフィックはアプリにて提供することができません。
ログインと取り組んだトレーニングのデータのエクスポートは従前通り可能です。

モバイルアプリと歩むフィットネス

計測したアクティビティの編集は、現在モバイルアプリでも実行可能になりました。そのほかにも、グローバルユーザーがアクティビティを通して交流できる「チャレンジ」機能や、自分の目標を自由に設定できる「マイゴール」など、GPS計測以外にもたくさんの機能とサービスを、モバイルアプリへ次々に追加して参りました。皆さんのランニングとトレーニングを適確にサポートする、手のひらサイズのフィットネスソリューションとして、今後もベストを目指して開発に努めて参ります。

走ることが楽しいと思えたのは、

このアプリに助けられたといっても過言ではありません。

スマホアプリで記録を取り始めたのが2015年1月16日。

走り始めた頃、距離やペース、

右も左もわからないままでしたので、

webサービスがとても使い心地がよくて、

当時はダイエットも兼ねていたので体重記録も同時に計測していました。

当時の過去記事→ジョギングダイエット10日目(2015/01/21)


スマホよりwebで入力、管理したい派の私としては、

グラフで見えるのがモチベーションとなっていてとても便利だと思っていたので、

残念でなりません。

様々な都合があるのかもしれませんが、

数年に渡り記録をしていたwebサービスが突然終了してしまうのは、

ユーザにとってはショックというか、なんとも言いようがありません。

記憶に新しいところでは、

去年のアレ(8月の鑑賞メーター(2018/09/01 ))も衝撃でしたが、

あの時と似たような感覚です。

他の似たようなアプリが続々登場してきて、ユーザ獲得に苦戦されるのもわかります。

履歴をエクスポートさせりゃ~いいと思われているのなら、大間違いです。

有料アプリだったので、毎月月額利用料を払い続けてきた4年7か月の計測履歴が突然消えたショック。

こんな終わり方をするのなら、サービス提供そのものを始めないでいただきたい。


っと、厳しいことを言っている自分がイヤになりますが、

ランアプリは、「nike+」(スマホのみ)とgarmin(スマホ+WEB)の二択ですね。

本命はスマホ+WEBで無償サービス提供しているgarmin。

SNS連携も、body管理も、コース確認も、正直既にこっちのほうをよく使っていたし、

豊富なgarminデバイスで今後はランを楽しもうと思います。


0 件のコメント:

コメントを投稿

プロフィール

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *