2019/11/04

10月の鑑賞記録

11月になっていました。

さすがにほどよい気温になり、

福岡マラソン2019まであと6日となりました。

8月 65.19km
9月 121.76 km
10月 138.55 km

3ヵ月を練習期間とするならば、
走行距離325.5km でした。

9月以降は、月間目標150kmだったんですけどね~

バカみたいな時間外勤務に追われ、

疲れすぎてなかなか走ることができず、

10月後半は週一のロング走のみという、

不安しかない練習となりました。

プライベートを犠牲にしている今のお仕事状況は、

私が目指すライフスタイルとは相反していますので、

早々に打開しなければなりません。

とはいえ、まずは来週の6日後に迫った福岡マラソン2019に全力を注ぐのみ。


------------------------------------------------------------------------------
10月の鑑賞記録
観たビデオの数:1本

ボヘミアン・ラプソディ (字幕版)
公開年:2018
上映時間:2時間14分
ジャンル:ドラマ
監督:ブライアン・シンガー
鑑賞日:2019/10/19
去年人生初の二度映画館へ鑑賞に行った作品。
今回で三度目の鑑賞となった。
彼らが作った楽曲に影響を受けたのは世界中にたくさんいて、
彼の没後も愛され続けているQUEENというバンドの物語。
三度目でもラストはやっぱり感動する。
映画館で感動の涙を流した初めての作品でもある。

------------------------------------------------------------------------------
有料でも観る価値があると思う。

20歳を過ぎたころから、私は「感性を豊かにする」をテーマに過ごしてきました。

だからこそ、たくさんの本を読み、たくさんの映画を鑑賞し、

あちこち旅に出て、その空気とその場所の人々や歴史と触れ合ってきました。

最近わかったことがあります。

自然と「感受性」が豊かになっていた。

時にその豊かになった感受性に悩むことがありますが、

+(プラス)になっていることのほうがむしろ多く、

東京から戻ってきて特に思うのは、「気づき」がない人の多さ。

本質を知ろうとせず表面だけで判断しているから、

間違った選択をしていることに気づけない人の多さ。

現状の自分に満足しているのか、向上心とか自身の成長とか、

何十年も生きてきた自分に自信過剰な人が多いってこと。

当然自分もまだまだ未熟だし、知らないこともたくさんありすぎるのは前提としてですが。

数年前とは比べ物にならないほどのスピードで、

時代がどんどん進化していく中で、

変化することに躊躇している人々が多い。

完璧な人間はいないからこそ、足りない部分を補っていくのが人間なんじゃないか。

傲慢ではなく、相手を認め、足りなさを認め、手を差し伸べたり、差し伸べられたり、

そうやって前に進んでいくんではないか。

少しでも早くそれに気づいてほしい。

誰かが言ってからではなく、

何が足りないとか、

どうしたらとか、

なぜとか、

現状を見ることから逃げていたらいつまで経っても気づけなくて、

変化しない。

何かに挑戦もせずに、面倒なことから逃げてばかりで、現場を知ろうともしない人に、

あれこれ口出ししないでいただきたい。

自分が今やっていることが、

いつまでも続くと思っていたら大間違いで、

今できることを、

皆で同じ気持ちで、補いながら、認めながら、

後続の人にも継承し、

そんなことをやっていけたら、

打開するはずだと、

私はそう願っているし、信じている。


っていう独り言。

マラソンは、自分との闘いだ。


0 件のコメント:

コメントを投稿

プロフィール

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *