2019/11/11

レース結果@福岡マラソン2019

2019年11月10日(日)

人生2度目のフルマラソン「福岡マラソン2019」、

無事に完走しました。



#福岡マラソン 2019 なんとか完走できましたー。 #2回目のフルマラソン 2回目だけに、 あっという間な気がしました。 いや5時間半もかかってますけどねw 途中、お手洗いに4回行くという、 致命的なタイムロスを献上するも、 歩かずに走り続けることができました。 直前の練習が全然出来ていなかった割に 週1のロング走は、 とても効果的だなと思いました。 今年は身体のどこにも痛みが出ず、 ただただ筋力不足ということが明確になりました。 ただ、 目標の「去年の自分を超える」は、 達成できたので大満足です。 ネットタイム 去年(2018)5:36:13 今回(2019)5:24:09 またゴール直後からのヨチヨチ歩き状態となってますが、 「終わったー」の安堵感と達成感をあと少し味わいたいと思います。 今年も沿道の応援、 皆さまからのコメントが、 本当に力になりました。 心からありがとうございました。 #今夜は爆睡 #去年は筋肉痛で目が覚めた #明日はお休み #ホカオネオネ #リンコン #マラソンロス #汗まみれすぎて顔がザラザラ #走れたことに感謝 #皆さまに感謝 #応援ありがとうございました
Yumi Ma(@ma2u53)がシェアした投稿 -

インスタに投稿したのがすべてですが、

今年は去年に比べて、日数的に圧倒的な練習量の少なさで、

仕事が多忙すぎて、走れていないこともあってストレスと焦りがメモリオーバーしていました。

2度目とはいえフルマラソン、

私の体力で、ぶっつけ本番は無理だってわかっていたのでなおさらでした。


平日夜の練習が出来ないのなら、と

帰宅ランをやってみたけど、距離が短すぎて消化不良で、ダメ。

朝ランをやってみようと思ったけど、時間が気になって朝はどうしても、ダメ。

結局10月は週末メインの練習でした。

それでもゆっくりLSDで長距離を重ねていったことが結果的に功を奏しました。

6週間前:9月28日(土)14.5km
5週間前:10月5日(土)22.2km
4週間前:10月13日(日)28.5km
3週間前:10月20日(日)22.2km
2週間前:10月27日(日)33.1km

午前中にスタートして、お昼をまたいでの2~4時間走。

まだ暑い日中を日焼けしながら走っていたことが、

本番の昨日の暑さもなんともなかったのかもしれません。



というわけで、昨日の様子。

8:00頃 スタートブロックに並ぶ
去年同様、自宅から着替えていきましたので、

上着を脱いで、荷物をトラックに預け、

準備運動をして、ブロックに並びました。

あんまり早く行くとここで結構な時間直立で並ぶことを学んでいたので、

制限時刻10分前くらいに入ったかな。

8:10頃 渡辺通りに移動
ようやく渡辺通りに移動が始まりました。

私はGブロックだったんですけど、

誘導がなんだか雑すぎて、ちょっとしたカオス状態。

それでもなんとなく周りの人たちの気持ちが高揚してってたのが伝わってきましたね。


■スタート~10km地点

スタートの号砲さえよくわからないまま、

前に進みだし、スタートラインを通過。

Gブロックなだけに、

去年みたいに周りの人はあんまり飛ばしていきませんでしたね。

それがよかった。

ゆっくりペースであっという間に10km通過。

この辺はいつも走っていたコースなので、周りの景色は見慣れていました。

沿道の応援が多くて、お祭り気分ですね。


■10~20km

まだこの辺も走っていたコースだったので、

淡々とただただ淡々と走っていました。

っと、

名前を呼ばれているのが聞こえました。

!!!

小学校からの友人が、子どもと、友人のお母さんと、

3人で手作りボードを持っていました。

こんなに嬉しいことがあるだろうか。と思いました。

友人とも数年ぶりの再会、友人のお母さんとは10数年ぶりの再会、

友人の子どもとは初対面。

ありがとう!!

ものすごいパワーを貰いました。

海を横目に走れるこのコースはいつ来ても最高のロケーションです。

海からの応援も本当に力になります。

九大伊都キャンパスの通りに入ると今度は、

会社の人が待っててくれました。

ありがとう!!!


■20~30km地点

九大伊都キャンパスの通りは、去年もそうだったけど、

最初の鬼門です。

この直線往復を乗り越えられるかどうか。

去年はここで最初に歩いてしまったので、

踏ん張って走り続けました。

ようやく往復して、小路に入っていき、

ここからが福岡マラソン本番といわれているところです。

いよいよ糸島方面へ進むことになります。


■30~40km地点

山道に入っていきます。

のらん坂と呼ばれる坂を走っているとき、

豊洲で走っていた晴海大橋の練習を思い出していました。

あの長い傾斜の晴海大橋をずっと走ってきたから大丈夫、大丈夫だよ私、と。

走り続けました。

ようやく二見ヶ浦。

ここまできたらあと7kmだ!

気合だよ、気合。

脚の張りはあったけど、痛いところがなかったのが本当によかった。

沿道から「あと4km!」の声がたくさん聞こえてきました。


■40km~ゴール地点

力を振り絞るところです。

最後の直線、ゴールがなかなか見えなくて、

心が折れそうになるのをぐっっっと我慢するところです。

前へ、前へ。

前の人をターゲットに「あの人を追い抜こう」

追い抜いたらまた「あの人を追い抜こう」

ようやく闘志に火が付く私w

ゴー――――――――――――――ル!!


グロスタイムは、5時間30分43秒

ネットタイムは、5時間24分09秒

去年のタイム更新達成。

自分で自分を褒めたいと、こんなに思ったことはないかもなー。

マラソンは、自分との闘いだと思っているので、

去年の自分を超えることを目標に掲げていた私としては、

大満足の結果です。

歩かずに走り続けられたことももう一つの目標としていたことだったので、

達成できてとても嬉しいです。

なのに、このタイム?と思うかもしれませんので、

言い訳しておきますと、

途中、お手洗いに4回も言ったことで大きくタイムロスしてしまったんだと思います。

回転早くても長蛇の列ですからね。

あとは給水下手問題。

走りながら、歩きながら水を飲むことが無理でした。

完全に停止しないと飲めない私。

不器用かよw


なにはともあれ、

今はとにかく達成感でいっぱいです。

嬉しい。

今年のメインイベントが終わってホッとしました。


沿道からの応援は本当に力になりました。

特に記憶に残っているのは、

老人ホーム前にいるおじいちゃん、おばあちゃんたちとのハイタッチ。

「ありがとう」

何度も何度も言いました。

子どもたちが踊りながら歌いながら応援してくれているのを横目に見ていました。

「ありがとう」

ボランティアの高校生たちが名前を言って「がんばれー」って言ってくれるのが本当に嬉しかった。

「ありがとう」

ゴール後、

最高の笑顔で迎えてくれて、

フィニッシャータオルとメダルやロックアイスやバナナ、アクエリアスをいただき、記録証を発行してくれて、

最高の手際の良さで荷物を持ってきてくれて、

最高のおもてなしをしてくれた女子高校生たちに、

「ありがとう」


すべての人たちに感謝。

走れたことに感謝。

福岡市と糸島市に、福岡マラソンに感謝。

また来年も今年の自分を超えられるよう、練習がんばります。

ありがとうございました!!!





2019/11/04

10月の鑑賞記録

11月になっていました。

さすがにほどよい気温になり、

福岡マラソン2019まであと6日となりました。

8月 65.19km
9月 121.76 km
10月 138.55 km

3ヵ月を練習期間とするならば、
走行距離325.5km でした。

9月以降は、月間目標150kmだったんですけどね~

バカみたいな時間外勤務に追われ、

疲れすぎてなかなか走ることができず、

10月後半は週一のロング走のみという、

不安しかない練習となりました。

プライベートを犠牲にしている今のお仕事状況は、

私が目指すライフスタイルとは相反していますので、

早々に打開しなければなりません。

とはいえ、まずは来週の6日後に迫った福岡マラソン2019に全力を注ぐのみ。


------------------------------------------------------------------------------
10月の鑑賞記録
観たビデオの数:1本

ボヘミアン・ラプソディ (字幕版)
公開年:2018
上映時間:2時間14分
ジャンル:ドラマ
監督:ブライアン・シンガー
鑑賞日:2019/10/19
去年人生初の二度映画館へ鑑賞に行った作品。
今回で三度目の鑑賞となった。
彼らが作った楽曲に影響を受けたのは世界中にたくさんいて、
彼の没後も愛され続けているQUEENというバンドの物語。
三度目でもラストはやっぱり感動する。
映画館で感動の涙を流した初めての作品でもある。

------------------------------------------------------------------------------
有料でも観る価値があると思う。

20歳を過ぎたころから、私は「感性を豊かにする」をテーマに過ごしてきました。

だからこそ、たくさんの本を読み、たくさんの映画を鑑賞し、

あちこち旅に出て、その空気とその場所の人々や歴史と触れ合ってきました。

最近わかったことがあります。

自然と「感受性」が豊かになっていた。

時にその豊かになった感受性に悩むことがありますが、

+(プラス)になっていることのほうがむしろ多く、

東京から戻ってきて特に思うのは、「気づき」がない人の多さ。

本質を知ろうとせず表面だけで判断しているから、

間違った選択をしていることに気づけない人の多さ。

現状の自分に満足しているのか、向上心とか自身の成長とか、

何十年も生きてきた自分に自信過剰な人が多いってこと。

当然自分もまだまだ未熟だし、知らないこともたくさんありすぎるのは前提としてですが。

数年前とは比べ物にならないほどのスピードで、

時代がどんどん進化していく中で、

変化することに躊躇している人々が多い。

完璧な人間はいないからこそ、足りない部分を補っていくのが人間なんじゃないか。

傲慢ではなく、相手を認め、足りなさを認め、手を差し伸べたり、差し伸べられたり、

そうやって前に進んでいくんではないか。

少しでも早くそれに気づいてほしい。

誰かが言ってからではなく、

何が足りないとか、

どうしたらとか、

なぜとか、

現状を見ることから逃げていたらいつまで経っても気づけなくて、

変化しない。

何かに挑戦もせずに、面倒なことから逃げてばかりで、現場を知ろうともしない人に、

あれこれ口出ししないでいただきたい。

自分が今やっていることが、

いつまでも続くと思っていたら大間違いで、

今できることを、

皆で同じ気持ちで、補いながら、認めながら、

後続の人にも継承し、

そんなことをやっていけたら、

打開するはずだと、

私はそう願っているし、信じている。


っていう独り言。

マラソンは、自分との闘いだ。


プロフィール

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *