2013/02/28

立花邸「御花」 vol.2


「御花」のつづきです。



和館へ移動する通路。↑

ん~私はやっぱり和館が好み。

お!

前方に見えるのは、、、、

さげもんではないか。
















雛人形が廊下に!!!



























さらには、

























外やん!!!





















いいのか。

寒くないのか。
























さらに、、


























!!!!!

もっといたーーーー!!!










とにかく、あちこちに雛人形がいました。

笑。

知らん、

知らんよ、私は。

雛人形の伝統とかもう知らん。

いいんよ、きっと。

外に飾っちゃいけません、とか聞いたことないもん。









例えば、↑こういう建物って、

風雨をもろ受けるわけだから、

痛みやすいとか、

そんな敷地がないとか、

今の家には全然ないわけで、

だからこそ、

私はこういうのを見るとワクワクしちゃうのです。




いよいよ来ました、大広間!



この広い100畳空間を抜けて、みんなが見つめているその先は、


























立派すぎる松濤園!!!


























そしてここにもいましたよ。






























じゃじゃーん!!!












わかったよ。

もうわかったよ。























当時の写真↑。

着物に、袴に、洋装の男性。

時代の移り変わり時期ってこんなだったんですね~。

実は結髪に憧れている私は、リアルなこの写真が嬉しかったです。


確かに女性がたくさん見られますけれど、

当時から、雛人形がこんなにたくさん飾られていたのだろうか。








松濤園を上から見ると、




なーんか風情がありますね。




















この先、何があるんだろう~と廊下を歩き続けていくと、


























わーーーーーーお!!!


ここに来て最大数のさげもん!!!

いやぁ、

それは見事でございました。


こんなに飾ってもらったら、

そりゃ~、女の子は嬉しいですね。























最後に、柳河城ってこんなんだったらしいよ↓。




うん、そろそろ雛人形、お腹いっぱい。。

2013/02/27

立花邸「御花」 vol.1


こんなにお天気がいいから、

ちょっと地元柳川を散策してみようじゃないかプロジェクトです。


昨日UPした「ムトー商店」のあと、

柳川といえば、

川下りのあと必ずと言っていいほど立ち寄るであろう、

御花(おはな)」。

そこそこの観光客の方がいらっしゃいます。


私はというと、

これまた数十年ぶりに訪れました。

ってか、大人になった今、本当に見方が違うなーって、

今回も大変勉強になりました。


「御花」って、当たり前のように耳にするけれど、

実は誰がどういういきさつでここに建てて、

どういう人がいたところなんだって、

説明できる人が果たしてどれだけいるんだろうか。。。


**************************************

元文三年(1738年)、
柳川藩五代藩主、立花貞俶(さだよし)は、
政務の疲れを癒し、
”家族と和やかな時を過ごすための場所”として
この地に屋敷を設けました。

当時この辺りは「御花畠」といわれていたことから
柳川の人々は親しみを込めて「御花」と呼ぶようになりました。

明治になると、立花伯爵家の邸宅となり、
迎賓館としての西洋館と、それにつづく和館の大広間という
当時流行の形式邸宅を整えました。

この邸宅と、クロマツに囲まれた池庭「松濤園」が
昭和53年に国の名勝に指定され、
平成23年に御花の全敷地およそ7000坪が
「立花氏庭園」として改めて国の名勝に指定されました。

**************************************

もっと詳しく知りたい方は、こちらへどうぞ。






こういうのを見ると、西洋風建築物が当時流行っていたとはいえ、

どうしても、旧岩崎邸を思い出します。

御花西洋館は、

現在はキリスト教式、人前式の結婚式場として、

あとは、ハウスウェディングのパーティー会場としても使われているんですって。





っと、長くなりそうなので、

和館はまた次回。。。

2013/02/26

ムトー商店





柳川と珈琲とおやつが好きな店『ムトー商店』へ行ってきました。

柳川にも、洒落たお店が出来たんだなぁ~って

嬉しくなります。

実はこの場所、

遠方から来る方はもしかすると、

通り過ぎちゃうかもしれないほど、

ココ?

ってところに突如現われます(笑)


ワタクシの母校、藤吉小学校への通学路にありますので、

地元の私はすぐにわかりましたけどね。

正直、何度も前を通っていたのに、存在を知りませんでした。


こんなに可愛らしい概観のお店に早速入ってみました。


ぎゃ~~可愛い。

昨日は小春日和で、本当に気持ちのいいお天気。

白壁に木製の家具、

小さい小物も、

なんならお手洗いだって、

私は好みでしたね~。





ちょうど今、柳川のまちは「さげもんめぐり」で力が入ってますしね、

ムトー商店さんにも、”さげもん”がありました。


****************************

”さげもん”とは、
旧柳川藩時代に女の子が生まれた時、
親戚、知人から贈られた着物のはぎれで、
この子が一生幸せでありますようにと祈りを込めて、
縁起のよい「鶴」「兎」「宝袋」「三番鼠」「這い人形」など
一針一針縫い上げた手作りの布細工と
鮮やかな七色の糸で巻いた柳川地方伝統の大まりを下げ輪の中央に、
小まりと縫いぐるみを交互に下げ輪につりさげたものです。

柳川には、昔から女の子が生まれると、
初節句に、子どもの無事な成長を願って
ひな壇の前に色とりどりの”さげもん”を飾る慣わしがあります。
それを個人の家の奥から外来の人の目に見える場所に移して、
観光客にも楽しんでもらおうと試みたことが「さげもんめぐり」の始まりです。

****************************





柳川に来たら、これお土産にしたらいいんじゃない?的な、

可愛い雑貨や小物、オススメ品がずらりと並んでました。

何より、私が気になって仕方なかったのが、

むつごろうラーメン!!!

有明海といえば、むつごろうなわけで、

でも私は食べたいとか全く思っていないわけで、

もちろん食べたことはなくて、

それをなんとラーメンにしちゃうという、

斬新すぎるアイデアに衝撃を受けました。

味は醤油味なんですって。

買えるお店も限られているらしいので、

また行ったらぜひともチャレンジしてみたいと思います。

パッケージは可愛いよね。

ムトーさん曰く、美味しいんですって。




そしてようやく、カフェモカ(400円)を堪能します。

って、それまで店内の写真撮りまくり、

ムトーさんに質問しまくり(笑)

とっても美味しゅうございました。


なんなら、私もこんなお店出したい、、、。


柳川市観光協会

2013/02/05

MAX!!!


お風呂に入る、


というだけで、


このテンション。


子供って、


いいね。

2013/02/01

1月の読書メーター

すっかり忘れてた!

読書メーターがあった!


えっと、本を読むタイミングがすっかりなくなってしまったんだけど、

時間は作るもの!

探したよ。

で、2年ぶりに再読。


2013年1月の読書メーター
読んだ本の数:1冊
読んだページ数:446ページ
ナイス数:7ナイス

竜馬がゆく〈1〉 (文春文庫)竜馬がゆく〈1〉 (文春文庫)感想
再読。たった2年ぶりなのに、新鮮度が半端ない。やっぱり竜馬は男だなぁ。剣術試合の場面をリアルな映像で見てみたい。桂小五郎はすっかり谷原章介のイメージ(笑)もう、2巻目が楽しみで仕方ない。
読了日:1月22日 著者:司馬 遼太郎






読書メーター


で今は、2巻を再読中でござる。



今年は大河ドラマを見ているんだけど、

これまた、ジャストな時代背景なんだよね。

今読んでるところが。

こういうのが重なると、

どっちもわかって益々面白い。










全然関係ないけど、金曜ドラマ「夜行観覧車」面白いね。

1月の鑑賞メーター

2月は雨のスタート。

相変わらず、2013年もあっという間に一ヶ月経った。

1月終盤頃に、友人から衝撃の事実を電話で聞いた。

懐かしくて、

信じられないけど、信じたくて、

嬉しくて、

年を重ねると、色んなことが起こるけれど、

私もガンバロウって、

励まされた気持ち。



■1月の鑑賞メーター
観たビデオの数:12本
観た鑑賞時間:1503分

アンフェア the movie [DVD]アンフェア the movie [DVD]
鑑賞日:01月06日 監督:




アンフェア the answer DVDスタンダード・エディションアンフェア the answer DVDスタンダード・エディション
サイコサスペンス。大森さんが雰囲気出てる。悪っそ~な顔。篠原さんが震えてる場面が見所。かおるちゃんは変わらずいい味出してる。だ~れも信じられなくなる映画。
鑑賞日:01月06日 監督:佐藤嗣麻子



沈まぬ太陽 スタンダード・エディション(2枚組) [DVD]沈まぬ太陽 スタンダード・エディション(2枚組) [DVD]
約一年ぶりの再観賞。長いけど見応えがある作品。会社って何だろう。昔は、こういうの多かったんだろーなー。利根川総理の方向転換がとても残念。
鑑賞日:01月10日 監督:若松節朗



コクリコ坂から [DVD]コクリコ坂から [DVD]
地上波にて。初鑑賞。ストーリーが淡白だった感は否めない。けれど、良き昭和の時代は見事に描かれていた。表情がもっと出るとより感情移入出来たのかもしれないなー。
鑑賞日:01月13日 監督:宮崎吾朗



ばかもの [DVD]ばかもの [DVD]
お酒に溺れた成宮くんは見てられなかったなー。内田有紀が綺麗だった。アルコール依存症って怖い。本人だけじゃなくて、何より家族。学生から29歳までロングスパンの成宮くんの演技が良かった。
鑑賞日:01月15日 監督:金子修介


200本のたばこ [DVD]200本のたばこ [DVD]
ハチャメチャだねぇ。みんなよくタバコ吸ってるなぁと思ったらタイトルだった。あまり意味がよくわからなかったけど、最後つながったのでホッ。この映画に出てくる女性は全員理解出来ない。。MTVっぽかった。
鑑賞日:01月17日 監督:リサ・ブラモン・ガルシア


トラフィック [DVD]トラフィック [DVD]
2000年度第73回アカデミー賞の監督賞、助演男優賞(ベニチオ・デル・トロ)、脚色賞、編集賞の4部門受賞作品。「麻薬戦争」というところは、社会にとって大きな大きな問題となっている、またこれ以上見過ごすわけにはいかないほど深刻化しているのだと思った。あの娘の一連の行動は本当に怖いと思ったし、友達同士ためらいなく遊んでる場面は、異常な時代だなって思った。メキシコで人を簡単に銃殺してしまう場面もあり、人の命を簡単に粗末にしすぎ。考えさせられる映画。
鑑賞日:01月19日 監督:スティーブン・ソダーバーグ


ノルウェイの森 【スペシャル・エディション2枚組】 [DVD]ノルウェイの森 【スペシャル・エディション2枚組】 [DVD]
原作未読。初村上ワールド。最初の印象は、、、暗い。台詞が小声すぎてわからなかったところが多々有。世界観が独特だったなぁ。学生だけど、学生らしさというか、個性的な主観だった。観ながら何度も眠たくなっては止め、再生し、また眠たくなっては止め、の繰り返し。
鑑賞日:01月24日 監督:トラン・アン・ユン


幸せになるための27のドレス 特別編 [DVD]幸せになるための27のドレス 特別編 [DVD]
ブライズメイトっていうのを初めて知った。そんな仕事があるのね。長女と次女の特長が出ていて面白かった。ケビンは確かに第一印象が良くなかったけど、指摘が正確だったように思う。最後の27人のドレス姿の友人参加があたたかくなった。
鑑賞日:01月25日 監督:アン・フレッチャー


きみにしか聞こえない [DVD]きみにしか聞こえない [DVD]
んーーー、久しぶりのピュア作品。しかしながら現実離れしているので、感情移入出来ず。。。
鑑賞日:01月25日 監督:荻島達也


オーケストラ! スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]オーケストラ! スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]
実は未だにオーケストラを生で観たことがない。そんな私でもオーケストラっていいかもな、って素直に思えた映画だった。ラストまでは正直よくわからなかったけどね。ユダヤ人とか、ヨーロッパの歴史が30年間という長い間つきまとっている主人公についていくのがやっとだった。
鑑賞日:01月26日 監督:ラデュ・ミヘイレアニュ


ア・フュー・グッドメン [DVD]ア・フュー・グッドメン [DVD]
1992年公開作品。当時映画館で観て以来の再鑑賞。裁判ものは当時の私にはとっても難しくてちんぷんかんぷんだった記憶しかなかったけれど、今あらためて観ると面白かった。ジャック・ニコルソンの悪そうな顔。キーファー・サザーランドが出てたのには驚いた。トム・クルーズ、デミ・ムーア、ケヴィン・ベーコン、みんな若い!!!規律も大事だけど、人間としての判断が出来るかどうかってとこが焦点。
鑑賞日:01月31日 監督:ロブ・ライナー

鑑賞メーター


今年の出だし好調ですがな。

映画鑑賞。

でもね~、観たいと思う映画がつきてきたかもしれない。。


そういえば、

この前久しぶりに駐輪場を覗いていたら、

私の愛するチャリンコが見えなくて、、、





「嘘やん、、、、」





「嘘でしょ、、、」





とおそるおそる駐輪場へ行ってみた。






「・・・・・・」






「・・・・・・・・ない」






「嘘やん・・・」













「!!!!!」







「あった!!!」




あまりに放置しているからか、


停めていた場所を変更されてた。。


なんでよ、


邪魔にはなってなかったやろ。。


こう寒いと、


歩いてたほうがポカポカしてくるんだよね。


というのを言い訳に、


確かに自転車を放置していたのは事実。


早く春が来ないかな~


そしたらめいっぱい自転車乗るよ。


そう、


久しぶりのあの場所へも、


自転車でウロウロしてみたい、っと、


企んでおりますよ。
















2月、短いからあっという間だね、きっと。


プロフィール

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *